さすらいの事務員 ~独り言~

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

ヤンマー1GM10 修理 其の①【輝編】 ~カドヤンFBより~ 

前回の記事で廃船になりかけた輝を
中古のエンジンを見つけてきて2個1エンジンを組み立て
見事復活させたカドヤンがFBに修理の記事をUPしてました


コレってFBのお友達記事だけにしておくのはもったいない!
と思ってカドヤンにお願いしてブログにUPさせてもらうことに(*^^*)


ウチらが乗ってるヨットちゅぅもんはほとんど20年とか30年もん
それをあーでもない!こーでもない!と
コツコツ修理して乗ってるってのが現状。。。
修理しながらも動いているヨットは幸せもん♪
修理を諦めて放置されている可哀相なヨットも沢山います。。。

エンジンにしてみりゃ

天気のいい日にたまぁ~にきてエンジンかけるぐらいで
それ以外は暑いだの寒いだのってヨットにも来ねーしよ
冬なんぞ港にも来ねーんだぞ?
で、やっと春が来てエンジン掛けたら
動かないだの、変だの、挙句の果てまた今度~って帰ってって
何年も顔見せねーオーナーとかよぉ(#`・з・´#)

ってエンジンから文句が聞こえてきそう


輝のエンジンもそんな文句を言いかけてたのかも^^?
でも、きっちり復活させちゃった^^v
それどころか、今まで以上に元気になったエンジン君の
復活劇をUPしていこうかと思います♪


あくまでも趣味の域での作業です♪
本当に大事な部分はカドヤンもヤンマーさんにお願いしていますので
作業をされる時はくれぐれも注意の上、自己責任でお願いしますm(_ _)m


では♪

ヤンマー1GM10 修理 其の① 

始まり始まりぃ~♪


オイル漏れで始動しなくなった1GM10エンジン。


1 降ろす前のエンジン
降ろす前のエンジン


セルでクランキングしても 非常に重たい感じ。
相談したヤンマー代理店のおっちゃんいわく、
ピィー!!と警報音が鳴った時にはもう手遅れならしく

『それ焼き付いてるよ!』と一言。

エッ!? Σ(゜Д゜)ソレって警報の意味無いじゃん!!!!!!

と心の中で叫びつつ
オーバーホール依頼したが忙しいから今は無理と言う事で私が引き受ける事になりました(^^;
エンジンAssyを艇から降ろし、星が美しい町工房へ。

まずはオイルを抜き、周辺部品、ヘッドを外して
ピストン、シリンダーが見える状態に。
ピストンヘッド部は摩耗有りで微妙。
シリンダーは傷は無くピカピカ?
次はオイルパンを外してピストンを抜き取ってみると…(^^;


2 外したピストン、コンロッド、メタル
外したピストン、コンロッド、メタル


コンロッドのメタルが無惨な姿になっていました。


3 溶けたメタル
溶けたメタル


無論クランクシャフト、コンロッドも傷だらけ。


4 傷ついたコンロッド
傷ついたコンロッド


全て新品交換すれば部品代だけで10万~15万円は確実に掛かる…
アンダーサイズのメタルは部品設定が有るので、
クランクシャフトを修正研磨に出してもソレなりに費用が掛かる…
さぁどうしたものか(-""-;)


其の②に続く


※写真が変なところに張り付けられてるかと思いますがご勘弁を~
 なぁ~んせエンジンのことなんぞさっぱり分からんもんで^^;
 だって♪女の子なんだもぉ~ん

ご質問があればコメント欄へ~
カドヤンが答えてくれる・・・カモ?
スポンサーサイト

カテゴリ: 海の上

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuchin413.blog.fc2.com/tb.php/1522-1befca07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)