さすらいの事務員 ~独り言~

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

このページの記事一覧

ヤンマー 1GM10 修理 其の③【輝編】 ~カドヤンFBより~ 

あくまでも趣味の域での作業です♪
本当に大事な部分はカドヤンもヤンマーさんにお願いしていますので
作業をされる時はくれぐれも注意の上、自己責任でお願いしますm(_ _)m

お彼岸3連休今シーズン初遠征に行ってきた
新西宮ヨットハーバーまで約82マイル
往復164マイル

帰りはちょっとだけ機帆走だったけど、ほとんど機走

もちろんエンジン絶好調!

日頃のメンテナンスのお陰ですね(*^^*)



では♪その②の続き


ヤンマー1GM10 修理 其の③
 

始まり始まり~♪


クランクシャフトが傷だらけで、部品代が10万円以上掛かりそうなこのエンジン、
さてどうするか?


① クランクシャフト研磨修正(外注)に出してメタルをアンダーサイズ交換する
→ ソコソコのお値段になる(^^;


② 悪い部品を全て新品交換する
→ 結構なお値段になる(>_<)


③ 中古の1GM10を探す
→ ソレなりのお値段+どんな状態か解らないからバラシて部品代が掛かるので結局高額なお値段になる(*_*)


④ 艇を買い換える
→論外(T-T)


オーナーと悩んでいた矢先、とある方から
「部品取り用の1GM10有るけどいる?」との連絡がΣ(゜Д゜)!
勿論二つ返事ですぐに引き取りに行くと
セルやダイナモ、ヘッドの無い正に部品取りの1GM10が\(^o^)/

シリンダー、ピストンが錆ついて固着して使えるかどうか解らないから
無償 で頂けるとの事!!

工房へ部品取りエンジンを持ち帰り、シリンダーに5-56をタップリ吹き付けて
丸1日放置。翌日プーリーを手で回してみると…



01 部品取りエンジン、シリンダーサビサビ固着
部品取りエンジン、シリンダーサビサビ固着



ピストンが動いた!! 凄いぞ5-56\(^o^)/

そしてピストンを取り外し、クランクシャフトを見ると完璧な状態
メタルもピカピカ!!!
後はサビサビのシリンダーさえ何とかなればこのエンジン使える(^o^)

すぐにPCでシリンダーホーニングツールをポチっと注文



02 ホーニングツール
ホーニングツール

03 2650円 案外安かった!
¥2,650 案外安かった!



届いたツールで早速シリンダーをホーニングして錆を落とし、
シリンダーゲージで摩耗具合を測定する

シリンダー摩耗限度値はφ75 +0.1
測定値 75.088mm

この部品取りエンジン使用可能、焼き付いたエンジンと2個いちに決定しました(^^)
ちなみに焼き付いたエンジンのシリンダー測定値は 75.140mmで摩耗限度値を超えていましたが
焼き付くまでは普通に稼働していました



03 タップリオイルをつけて電動ドリルで磨く



其の④に続く


スポンサーサイト

カテゴリ: 海の上

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuchin413.blog.fc2.com/tb.php/1526-c8ea2db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)