さすらいの事務員 ~独り言~

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

このページの記事一覧

ヤンマー 1GM10 修理 其の④【輝編】 ~カドヤンFBより~ 

カドヤンのFBにはとーの昔にUPされてたんだけど

んー・・・ま、明日でいっか~ とか^^;
今日は雨降ってて気分がのらないなぁ~ とか^^;
風強いなぁ~ とか^^;
なんぞかんぞ全くもって意味不明な理由をつけてノビノビになってました^^;

今日は天気もいいし♪
なんとなぁ~く気分もいいし♪
ってことで、やっとUPする気になりました^^;



あくまでも趣味の域での作業です♪
本当に大事な部分はカドヤンもヤンマーさんにお願いしていますので
作業をされる時はくれぐれも注意の上、自己責任でお願いしますm(_ _)m



其の③の続き


部品取り用のエンジンが使用可能と言う事で、
必要な部品を洗い出し、オーナーの希望で岡山市のヤンマー直営店に注文。
部品が届く間にオーナーは冷却水路の詰まりを清掃
私は各部品の状態確認清掃及びパッキン類の取り除き、バルブの擦り合わせ、等々
部品が届けばすぐ組み上げが出来るよう下準備する。


翌週オーナーが部品を届けてくれて一気にエンジンを組み上げる。
組み上げた所で燃料噴射タイミングの確認。
少し遅れていたので噴射ポンプ取り付け部のシムを抜き、再確認。
ドンピシャに調整出来た(^-^)


油脂類を補給し、陸上試運転の段取りを済ませてワクワクしながらセルモーターを回す!!


……セルモーターを回す!
……セルモーターを繰り返し回す!
……………エンジン掛かってくれない!?
何故???(ToT)


もう夕方なのでこの日は終了し、色々と頭の中で交換手順や組み付けミス等々
いくら考えても間違いは無いもよう…
翌日仕事で倉庫の奥を片付けていると古い道具が出てきた。
ディーゼル用の燃料噴射ノズルテスター!


01_20160407150821904.jpg
フライホイールのマークで燃料噴射タイミングを点検する


しかもヤンマーの燃料配管とネジ部が偶然にも適合!
使えるかどうかは解らないが噴射ノズルを取り外し、テスターでチェックしてみる。


02_20160407150820344.jpg
燃料噴射ポンプ
手でゆっくりプーリーをまわし、燃料が僅か出たタイミングとフライホイールのマークが合えば良い



テスターに軽油を入れ、ハンドルを上下させると圧力計が徐々に上がっていく…
この古いテスター生きてる(^^)
さらに圧力を上げていくと60㎏/㎝2でピュ~っと小便小僧のように燃料が(*_*)
これではエンジンは掛からない。
正常な噴射ノズルは圧力170kg/cm2で霧状に噴射する。
エンジンが焼き付く前は正常に作動していたはずだから何故噴射圧力が下がったのか原因は不明だが
オーバーホールが必要、噴射ノズルは調整が繊細な為、ヤンマー直営店にお願いした。

噴射ノズルが治ればエンジンは始動するだろう(^^;
(今回はテンパっていたのでほとんど画像がありません)


其の⑤に続く



ヨシ!この調子で其の⑤は午後からUPするぞ(`・ω・´)   ・・・タブン^^; 





スポンサーサイト

カテゴリ: 海の上

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuchin413.blog.fc2.com/tb.php/1528-9f80c28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)